ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「はちどり」感想&ネタバレ~14歳のウニが繊細で可愛らしく…まぶしい

家族、友人、先生…いつも自分のまわりには誰かがいるけど何だか孤独。

自分の気持ちを理解してくれる人は?

自分の居場所は?

大人から見れば、まだまだ子供に思える14歳。

何だか懐かしいような10代の頃のモヤモヤとした想い。

…遠い遠い昔のことだけど懐かしく思い出されましたよww

ごく普通の中学生の物語だけれど繊細で美しい。

あらすじ

1994年、ソウル。

両親、兄、姉‥家族5人で集合住宅で暮らす14歳のウニ。

学校には馴染めず、別の学校に通う親友と遊んだり、同学年の彼やウニを慕う後輩の女の子と遊んだりして過ごしていた。

両親は小さな店を持ち、毎日必死に働いているため子供たちの心の動きを気にかけ向き合う余裕がない。

ウニは、両親は自分に無関心なのだと感じ孤独な気持ちでいた。

ある日、通っていた塾に新しい女性教師のヨンジがやってくる。

ウニの話に耳を傾け、ウニのことを気にかけてくれるヨンジに次第に心を開いていく。

いつものように過ごしていたある朝、ソンス大橋が崩落したというニュースが流れた。

それはウニの姉がいつも乗るバスが橋を通過する時間帯だった。

ほどなくして、ウニのもとにヨンジから小包が届く…。

【オフィシャルサイトより引用】 

スタッフ&キャスト

2018年制作 韓国・アメリカ合作
原題:House of Hummingbird
配給:アニモプロデュース

監督 キム・ボラ
制作 キム・ボラ
脚本 キム・ボラ
ウニ パク・ジフ
ヨンジ キム・セビョク
ウニの父 チョン・インギ
ウニの母 イ・スンヨン
ウニの姉スヒ パク・スヨン
ヨンジの母 キル・ヘヨン

感想

とっても繊細な映画。

14歳の少女の心の動き…と同時に、14歳のウニだけでなく大人たちだって同じように手探りだったりするんだよね。

ずっと一緒に暮らしてきた家族…親、兄妹だって、

すごく仲が良い友達だって、

心の中まではわからない。心の奥底の本心まで全て知ることは出来ない。

手紙、表情、言葉…そういういろんなものをちらっと見たり感じたりしながら探っていく。

自分には関心がないように思えた両親だけど、父親がウニの手術で泣いた時。

母親がウニのご飯の上にぽんとお肉をのせてくれた時。

今まで感じることのなかった温かさに触れた気がして何だか嬉しくてうるっと来た。

 

本心を口に出さない部分と、気持ちが爆発するように踊ったりはしゃいだりする部分が14歳という微妙な年頃を表しているように思えた。

一見、何も関係がなさそうな「はちどり」というタイトルもウニっぽい。

はちどり…世界最小ともいわれる小さな鳥だけど、羽をパタパタとせわしなく羽ばたかせる様はいろんな思いに揺れながらも一生懸命に立ち向かって生きているウニの姿と重なる。

 

【良いことも、悪いことも、

嬉しいことも、悲しいことも。

色んなことがあるけれど世界は不思議で美しい。】

 

塾の教師ヨンジの過去も気になった。

結局、語られることはなかったけど何があったんだろう?

何を経験して何を考えて今のヨンジとなったんだろう?

 

よく知らないのに「可哀想」と思わないで。

のセリフに「あぁ、そうだな」…と。

本当のことを知りもしないで可哀想がったり、同情したりしちゃダメなんだ。

 

こうやって日々暮らしていく中で、いろんな感情と向き合ったり戦ったりしながら成長していく。

子供でもない、大人でもない。

小さな子供のように無邪気に素直に自分の感情を全てむき出しにすることはなく、

大人のようにそういうものだと諦めたり考えないようにしたりすることもない。

真面目で、ちょっと冷めてて、でも感情的で、素直で、悩んで、寂しくて…いろんな気持ちでいっぱい。

ウニ役の女優さん、透明感があって繊細でよかったですね。

 

それにしても、韓国語って好きです。

何年も前から勉強しかけては何度も挫折してるんですけどww

語尾をのばすところが甘えた感じで可愛らしい♪…って思うのは私だけですかね?

【映画見まくり!まずは無料でお試し体験】

【アニメもドラマも映画もぜ~んぶ!】
日テレドラマ