ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「ジョジョ・ラビット」感想~コミカルなヒトラー出現。感動のヒューマンエンターテイメント

戦争ほど愚かでくだらないものはない。

勝っても負けてもたくさんの人が傷つき、悲しみと苦しみばかりなのに…。

あらすじ

第二次世界大戦下のドイツ。

10歳の少年ジョジョは母親と二人で暮らしていた。

気の弱いジョジョは、空想上の友達「アドルフ(ヒトラー)」に励まされながら、

青少年集団ヒトラー・ユーゲントに入隊する。

しかし、心優しいジョジョは訓練でウサギを殺すことが出来ず「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられてしまう。

そんなある日、ジョジョは母親が自宅の屋根裏にユダヤ人の少女をかくまっていることに気づく。

最大の敵であるはずのユダヤ人。

だが、ユダヤ人の少女エルサと接するうちに強く勇敢な彼女に少しずつ惹かれ、

ジョジョ自身も変わっていく…。

感想

まずはオープニング。

ドイツ、ナチス、ヒトラーの映画であのオープニング。

ビートルズですよ。

ビートルズの軽快な音楽に合わせてジョジョが走り、

鉤十字が紙吹雪のように舞い、

人々がこぶしを振り上げる。まるでライブのように。

ワクワクするような楽しいオープニング!

ちなみにラストはデヴィッド・ボウイ!

この踊りも実は意味があったようですが私はネタバレを読むまでわかりませんでした。

デヴィッド・ボウイが好きな方ならわかる…かな?

 

これは戦争と愛の映画で、子供の目から見た「戦争」の映画です。

そして主人公の10歳の少年の成長のお話でもあります。

コメディあり、ファンタジーあり、笑える場面もたくさんあるのだけど

ところどころに戦争の残酷さやリアルな部分も散りばめられていました。

軽すぎず、重すぎず。

ジョジョにとってとても大きな出来事もさらっと描かれていて、一瞬これも彼の妄想の一つかと思ったくらい。

 

ナチス党員になりたい10歳の息子は母親の言葉にもあまり耳を傾けなかったけれど、

エルサと出会って、彼女と接していく中で少しずつ

今まで自分が信じてきたもの、教わってきたものを疑い始めるのです。

 

ユダヤ人には角もしっぽもないし、バカでもない、

醜い怪物でもなく見た目も心も自分と同じ普通の人間だ。って。

そして、ジョジョにとってのヒーローがヒーローで無くなった時に彼の目に見えたものは

銃をもって敵に向かっていく老人、羊飼い、

銃の構え方もおぼつかない女の子、少年たち…。

 

日本の勝利を疑わなかった戦争中の日本の子供たちも同じような感じだったのかな、

となんとなく思いました。

 

ジョジョのそばに居るのが優しい大人たちだったのは良かった。

一見怖そうなキャプテンK

彼はジョジョの母親のやっていることもわかっていたのだろうし、

戦争に、ナチスに、内心うんざりしていたのではないでしょうか。

彼が部下の男性に「ごめんね」と妙に優しく声をかけていたシーンで

彼も今のこの世の中で生きづらさを抱えていたのかな、と感じました。

そして、スカーレット・ヨハンソン演じるジョジョの母親。

美しく、いつも明るく、優しく、そして勇気があって強い女性。

すごくチャーミングでした。

ジョジョが怪我をして顔に傷を負い、

「こんな顔で街に出たらみんなに笑われる。」

と、母親と一緒に出掛けるのを嫌がった時、

「顔を見て笑われるとかうらやましい!私なんて美人過ぎて…(誰も私の顔をみて笑ったりしない)」

こんなことをいたずらっぽく笑って言えちゃう。

どんな状況でも明るく太陽のようで、しかも頼りになって子供たちのことを守ってくれる。

こういうお母さん最高です。

 

毎日家族でご飯を一緒に食べること、

自転車に乗って出かけること、

ふざけて笑うこと、

歌うこと、踊ること、

お腹の中で蝶々がざわざわするくらい誰かを好きになること。

 

平和で自由じゃないと出来ない事なんですね。

何でもない当たり前に思えることもきっと当り前じゃないんだと思います。

 

戦争が終わって自由になったエルサ。

そしてジョジョ。

この先、二人はどうなるんだろう?

どうか頑張って!頑張って、生きて、大人になって欲しい。

靴の紐が結べなくて、いつもママに結んでもらっていたジョジョが

最後はエルサの靴のほどけた紐をキュッと結んであげてました。

どうか。頑張って。

 

そして。

自由になったら何をする?

・・・・踊ろう!!