ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」感想&ネタバレ~50代主婦も全集中?!日本国中異様な大盛り上がり!

私が行った映画館では4つのシアターでそれぞれ5、6回ずつ…一日で20回以上の上映!!

それでもあっという間に予約が取れなくなってしまうほどの大人気。

観客の年齢も幅広く、映画館は人であふれかえってた。

満席の映画館で映画を観るのって、生まれて初めてだったかも?!

あらすじ

大正時代の日本。

父を病気で亡くしたあと、炭焼きの仕事で家族を支える竈門炭治郎。

ある日、仕事を終え家に戻ると家族全員、鬼に殺されていた。

妹の禰豆子だけはかすかに息があったが、傷口に鬼の血が入ったために鬼となってしまう。

禰豆子を人間に戻す為、鬼殺隊となることを決意する炭治郎。

厳しい修行を終えた炭治郎は、同じく鬼殺隊の善逸、伊之助と共に無限列車に乗り込む。

短期間のうちに多くの人が行方不明になっているというこの無限列車。

先に列車に乗っている❝柱❞の煉獄杏寿郎と合流し、鬼に立ち向かう。

スタッフ・キャスト

2020年製作 日本
配給:東宝、アニプレックス

監督 外崎春雄
原作 吾峠呼世晴
アニメーション制作 ufotable
竈門炭治郎 花江夏樹
竈門禰豆子 鬼頭明里
我妻善逸 下野紘
嘴平伊之助 松岡禎丞
煉獄杏寿郎 日野聡
魘夢(下弦の壱) 平川大輔
猗窩座(上弦の参) 石田彰

【アニメもドラマも映画もぜ~んぶ!】
日テレドラマ

感想

アニメ大好きな旦那に

映画観に行きたいけど一人じゃ行けない

と言われて付き合うことになったこの映画。

前準備としてAmazonプライムでアニメを見、コミックも8巻くらいまで読んで映画館へと向かった。

 

そう。

この映画、思いっきり「途中」から始まって「途中」で終わるのです。

そんなんあり?

初めて観る人でも大丈夫!的な説明や簡単なあらすじみたいなものは一切なし。

かなり観る人を限定した映画じゃないか?と思うけれど、この人気ぶり。

すだち
すだち
よもやよもやだ!

いったい何がどうしちゃったんだろう?ってくらい不思議な大人気&大盛り上がり。

が、映画を観ての正直な感想を言うと

YOU
YOU
あれ?!思ったほど感動も涙も…。あ、あれ??

期待しすぎたか?

「大号泣した」というネット記事をたくさん見てたので、泣く気満々で行き過ぎた。

かなり涙もろいので、普段は映画をみて大号泣することも多々あるのだけど、

「あ、あれ?あれ??」

と少々焦るくらい煉獄さん最後のシーンは冷静に観てしまった。

 

どちらかというとエンドロールの方が泣けた。

LiSAの歌う「炎」の歌詞と煉獄さんの思い出シーンが泣ける。

そして、折れた剣でとどめを刺される。

YOU
YOU
!!!

「ストーリー的には無限列車よりも、その前の那田蜘蛛山編の方が面白かった。」

「煉獄さんは登場したばかりで、あまり思い入れもないうちにすぐに死んじゃった」

「しかも、煉獄さんってどこ見てるのか分かんないし、よくわかんないキャラ」

というのが、最初の頃の私の感想(まだそこまで鬼滅にハマっていない頃)。

 

映画は面白かった。普通に。

どこ見てるのかよくわかんない人だなぁ、って感じだった煉獄さんも、逃げる猗窩座(あかざ)に向かって泣きながら叫ぶ炭治郎を見てふっと微笑むあたりから、しっかり視線は炭治郎に向いてたし。

待機命令!って炭治郎に言うところもカッコよかったし、頼れる柱だなぁ…と。

でも、号泣って感じでは無かったな。

隣の旦那は私よりもうんと泣いてたけどw

 

とか言いつつ、映画を観終わってからコミックで続きを読んでいくと面白くて面白くて。

現在発売されている22巻まで読み終えて、心はがっつり鬼滅に夢中になってる今、もう一度映画を観たらむちゃくちゃ泣いてるかもしれない。

今では鬼滅グッズを見ても、真っ先に煉獄さんに目がいくくらい好き。

「鬼滅の刃」というマンガ

炭治郎と禰豆子、炭治郎 vs 無惨、というだけでなく、いろんな人の感情が伝わってくるのが今までにない感じのマンガだと思った。

主役や主要メンバーだけでなく「脇」と言われる人達の複雑な思いまで感じることが出来る。

鬼殺隊の隊員にはなったけれど、鬼を倒すことは出来なかったアオイちゃんや隠の人達。

鬼だってみんなもともとは人間だった。

鬼それぞれに事情があったりもする。

今回登場した猗窩座も人間時代に悲しい過去があるので、ここはもぅコミックをぜひぜひ読んでもらいたい!!

猗窩座の術のポーズや結晶みたいな模様の意味もわかる。

映画館には小さな子供たち(就学前)もたくさんいて、子供たちにも大人気の鬼滅の刃だけれど、このあたりの「哀しさ」がわかるのって何歳くらいからなんだろう?

小さなうちはきっと刀で鬼をやっつけるところが

カッコイイィィィ~~~!!

と思ってみてるのかな?と(勝手に)思ってるのだけど。

個人的には「小生は~」って言ってた鼓の鬼「響凱(きょうがい)」が印象的でした。

 

この主人公「炭治郎」

優しくて思いやりがあって、正直でまっすぐで、強くて、頑張り屋さんで、「正しい」の塊みたいな男の子。

親としては、こういう男の子が主人公だと安心な部分もあり、子供が夢中になればなるほど「炭治郎みたいに~」の効果がありそうな気がする。(*´艸`*)

お得な100円レンタル実施中!漫画読むならRenta!

今からでも全然遅くない!

「キメハラ」という言葉があるらしいので、無理強いはしませんが。

私は、面白いのでおすすめしたい。「鬼滅の刃」

単純に主人公が悪い鬼をやっつける話じゃないので。

景色が3D映像になってたりしてキレイなので、普段マンガを読まない人はアニメから入った方がとっつきやすいかも。

胡蝶さんの声が可愛いし。

そしてアニメの続きが気になったらコミックで。

後半、話に勢いがあって途中で止められなくなり、普段は早寝なのに連日夜更かしして読み続けた私。

 

ま、何だかんだで異常な盛り上がりをみせる鬼滅の刃。

地方の映画館なのに、あの上映回数の多さはホントびっくり。

NHKのニュースで「鬼滅の刃」の話題が出るのにもびっくり。

スゴイな。

作者の漫画家さん、生活が一変しただろうなぁ~。ついそんな下世話ことを考えてしまう私なのでした。

色々あって2度目の映画鑑賞

ここからは追記。

2度目の鬼滅を映画館で観てきた。

旦那は「同じものを2回見るとか絶対ないわ。」と言ってたけど、私は全然平気。

むしろ観たい。

どの映画でもそうだけど1度目はストーリーを追ったり、登場人物を整理したりするのに必死。

なので、2度目は話の流れを知ってる分、他の細かい部分にも気づくことが出来て面白い!

で、2度目の無限列車ですが。

 

やっぱり映像がキレイ。特に背景。

最初のお館様のシーン。

炭治郎が立つ雪山。

猗窩座との闘いで朝日が昇り始めるシーン。

そして猗窩座の血鬼術。(ここは音楽もいいね♪)

 

2度目にして気づいたことは「夢」の話。

魘夢(えんむ)はみんなに「いい夢」「幸せな夢」を見せてたはず。

なのに煉獄さんのあの夢は?!

あれが煉獄さんにとっての「いい夢」だとしたら悲しい。

 

終盤、煉獄さんと猗窩座が闘うシーンの迫力も改めて感じた。

切っても切っても、たちどころに傷は癒え、切り落とした腕は生える。

不死身にも思える鬼相手に戦う煉獄さんのカッコよさ!

すだち
すだち
限界を超えろ!

のセリフのカッコいいこと!!

私はすぐに「ムリムリ」言い過ぎだ。

もうちょっとガンバロ!!

 

そしてそして、やっぱりあのエンドロールはイイ。

今思うと炭治郎とか全然出てきてないよね、煉獄さんばかりのエンドロール。

「炎」の曲もすごく合ってて感動的なエンドロール。

2回目も思いっきり楽しめた。