ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」感想&ネタバレ~自然はパーフェクト!この言葉に尽きる

映像が美しい!

「自然はパーフェクト」という言葉が映画の中で語られたけど、ホント、動物も昆虫も植物もうまい具合にバランスが取れてるんだねぇ。

人間だってその中の一員なんだってことを、もっと意識しないと!

あらゆるものの「命」について考えました。

私は考えちゃったけど、もちょっとお気楽にふらっと見てもいいと思う。

すごい映画です。

ドキュメンタリーなんだもんなぁ~、ホント、すごい!!

あらすじ

映画製作者であり、テレビ番組の監督やカメラマンとして25年のキャリアを持つジョン・チェスターが、料理家の妻モリーと究極のオーガニック農場作りに奮闘した8年間を記録したドキュメンタリー映画。

ジョンとモリーは、殺処分寸前の犬を保護し「トッド」と名付け飼い始めた。

だが、犬の鳴き声が原因でロサンゼルスのアパートを追い出されてしまう。

料理家モリーの「本当に体にいい食べ物で料理をしたい」という願いを叶えるために、夫婦は農地を購入し、愛犬トッドと共に郊外へ移り住む。

2010年。

二人の考えに共感した人達からの援助もあり購入した農地は、東京ドーム17個分もの広さ。

しかし農地は荒れ果て、まずは土壌の再生から作業を始める。

害虫、害獣、干ばつや山火事、厳しい自然に翻弄されながらも、家畜や農作物、周りの野生動物たち…全てが共存していく理想の農場を作り出していく。

【公式サイトより引用】

スタッフ・キャスト

2018年制作 アメリカ
原題:The Biggest Little Farm
配給:シンカ

監督 ジョン・チェスター
制作 ジョン・チェスター、サンドラ・キーツ
脚本 ジョン・チェスター、マーク・モンロー
出演 ジョン・チェスター
モリー・チェスター
愛犬トッド

感想

素晴らしい!

素晴らしいの一言。

「夢」ってやっぱり大事だな~。

叶うかもしれないし、叶わないかもしれない。

でも、やっぱり「夢」は毎日の暮らしや生きてくうえで「力」になる。

 

まずは、犬の為に引っ越した。というきっかけが好き。

そして、映像もとても美しい。

虫も動物も植物も、それぞれが主役のようにキレイに撮影されてるの。

うん●にたかるハエやうじ虫がこんなに美しく撮られているのを私はいまだかつて見たことがない。

プラネットアースみたいだなぁ~。なんて思ってたら、

ジョンはアニマルプラネットや野生生物番組の制作をしていた方なんだって。どうりで!

 

本当に夢のような農場で、この農場の中に理想の「地球での暮らし」が詰まってる。

素人の二人が、プロの農家の人たちに「無理だ」と呆れられるような事をおっぱじめちゃう。

素人で何もわからないから理想と夢だけで突き進むことが出来たのかも。

 

生物の多様性。

害虫なんてものはいない。害獣もいない。

みなそれぞれに役割があって、自然の中では全てがうまく回っていくように出来ている。

アランが言ってた「自然とはパーフェクト」

確かに。

害虫だの害獣だの言ってるのは人間が勝手に言ってるだけだもんね。

自分に都合が悪いから。

自分の立場だけで。

こうしてみると何て自分勝手なんだ!人間って!!

 

ということは…。

私の大っ嫌いな「G」も?

彼(彼女)にも何か役割があるんだろうか?

むちゃくちゃ増え過ぎたらダメだけど、一定数は良しとするべきなんだろうか?

「根こそぎ退治じゃー!!」

と、ゴキジェットプロとバルサンを買ってしまった愚か者の私を許して。

 

この映画の中で、動物、昆虫、植物、全てがうまく回っていくまでに何年もかかり、その間何度もくじけそうになる出来事があり、見てる私も一緒になってハラハラしたり悲しくなったり。

鳥につつかれて出荷できないフルーツの山、コヨーテに襲われて死んでしまった鶏。

人も雇ってるのに(ボランティアじゃないでしょ?)収入源が絶たれてしまうのはしんどい。

ここの問題がクリアになるまではつらかっただろうなぁ。

こういうつらい時に頑張る原動力になるのが「夢」とか「希望」なのかな。

そして、モリーの笑顔も良かった。

 

あらゆる生物と共生していく。

いや、無理でしょ!!

って、話を聞くだけで思ってしまいそうなことを何年もかけて実現させたこの映画が作り話ではなくて本当にやってきたこと(実話)というところに、ただただ

YOU
YOU
スゴイ!!スゴイよ~!!

の言葉しか出てこない。

でも。

でもでも!

タイトル通り「理想の暮らし」で「生き物のパラダイス」ですごく憧れるとこもあるけれど…私には無理だ。

あんだけ感動しといてなんやねん、て感じだけど。

自然も動物も大好きだけど。

虫だってちょこっとは平気だけど。

でも、きっと私には無理だろうな…。

 

せめて、出荷されてしまったエマの子供たちのことを思い出して

食べ物は決して粗末にしない。

というのを、しかとムネに刻んでおこうと思う。

【映画見まくり!まずは無料でお試し体験】

【アニメもドラマも映画もぜ~んぶ!】
日テレドラマ