ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング」感想・ネタバレ~女の子必見!いっぱい笑って、めちゃめちゃハッピーな気分になれる映画。

とにかく主人公のレネーが可愛い!

観ると元気が出る映画。

たくさんの女の子に観て欲しいなぁ~。

あらすじ

レネーはぽっちゃり体型で冴えない自分の容姿にコンプレックスを感じ、自分に自信が持てないでいた。

高級コスメ会社のリリー・ルクレアのオンライン部門に勤めているけど、職場は本社ではなく中華街にあるビルの地下。

そこであまり話の弾まない男性の同僚メイソンと二人で働いていた。

ある日、痩せるために通い始めたジムでバイクから転倒する事故にあい意識を失う。

目が覚めた時、異変を感じたレネーが鏡を見るとそこには絶世の美女の姿が!

「美人になりたい」と強く願っていたレネーの願いが叶ったのだと喜ぶレネー。

性格も超ポジティブになり、自信に満ちあふれ、仕事にも恋にも積極的になっていく。

しかし、それはレネーの思い込みで、鏡に映る自分が美人に見えているのはレネーだけ。

実際には何一つ外見は変わっていないのだった。

【公式サイトより引用】

スタッフ・キャスト

2018年制作 アメリカ
原題:I Feel Pretty
配給:REGENTS

監督 アビー・コーン、マーク・シルバースタイン
脚本 アビー・コーン、マーク・シルバースタイン
レネー・ベネット エイミー・シューマー
エイヴリー・ルクレア ミシェル・ウィリアムズ
イーサン ロリー・スコベル
マロリー エミリー・ラタコウスキー
ヴィヴィアン エイディ・ブライアント
ジェーン ビジー・フィリップス
グラント・ルクレア トム・ホッパー
ヘレン・グレイ ナオミ・キャンベル
リリー・ルクレア ローレン・ハットン
メイソン エイドリアン・マルティネス

感想

主人公のレネーが可愛くて楽しくて何度も笑って、吹き替え版を観た後すぐに字幕版を観てしまいました。

性格めちゃめちゃイイよね。

キレイになりたくてメイクもファッションも頑張ってるし。

自分は美人じゃない、って思ってるから少し消極的になることはあるけど自分を卑下したり、諦めたり、「どーせ」「私なんて」とボヤいたりすることはないし。

美人になった!!と思い込んでジムをあとにし、嬉しくて道の真ん中をぴょんぴょん弾みながら歩くレネーが最高に可愛い。

きっと女の子が見たら共感する部分がいっぱいある映画で、細かいところにも「わかる~!」がいっぱい詰まってる。

例えば、本社に行きたくない理由。

YOU
YOU
ビキニのパンツ履いてる!
YOU
YOU
今日のバッグがイマイチ

他の人から見たら、そんなんどーでもいい!っていうような理由でも本人には大きな理由で「絶対ヤダ!」って言いたくなるくらい重要だったりするのよ。

行くならあらかじめ言っといてよ~!だって完璧な状態で行きたいもん。←これです。

それから、ビキニコンテストの時のサンダル履いたver.と履いてないver.

これも重要w

これは、私もいまだにやるよ。

どっちの靴がいいと思う?

片方ずつ履いて「こっち?」「それともこっちがいい?」と半身ずつ向きを変えて旦那や息子に見てもらうのをw

このシーンを見て「一緒だ~」と笑ってしまった。(´∀`)

結局、見た目は何ひとつ変わってなくてレネーの勘違いだったけど、この勘違いのおかげで「気持ち」が大きく変化。

「気の持ちよう」って本当に大事。

まだ美人に変身していない時に「気持ち」に喝を入れてくれたメイソン。

私は勇敢!

私はブロンド!

私は出来る!!

ブロンドヘアっていうのは、イイ女の必須条件なのかな?

ブロンドじゃん!自信持てよ!!って感じ?

はい、Repeat After Me!

I’m brave.

I’m blonde.

I’m…この最後の「私は出来る!」て訳されてた言葉、何て言ってた?

ガッティス!みたいに聞こえたけどよくわかんない(笑)

私は出来る!で調べたら「I can」しか出てこないし。

got? 誰か教えて。キニナル~。

気になると言えば、車のミラーでブラシが付いてないチークをつけるとブレイブハートみたいになる。のセリフ。

1995年に制作されたメル・ギブソン主演の映画です。

主人公はこういう感じ↓

こんなチークってw(ちなみにこのイラスト、うちの息子が描いてくれました)

レネーの話って結構小ネタというか例え話があって、わかったのはこのブレイブハートだけだったんだよね。

あとは、

「私じゃない」って歌うときのセレーナ・ゴメス

グループコンパに登録してたハディット姉妹(と母親?)

カーダシアン?

ビキニでジェットスキー(ボードだったっけ?)にまたがって〇〇みたいに~。

とか。

誰のことだか何のことだかわからなかったので調べてみたいw

もともと明るくて楽しい性格+美人になったことの自信も加わって、どんどん前向きになっていろんなことにチャレンジして。

「美人は多くの可能性が開ける」

と思っていたレネーだけどホントはそうじゃない。

いや、確かに美人だと何かとチャンスは多いかもしれないけど、そのチャンスをつかめるかどうかは「美人」は関係ない。

そして、誰もがうらやむお金持ちや美人や成功者だって何かしら「悩み」はあるってこと。

色々あるけどみんな頑張ってるんだよね、きっと。

 

イーサンの「将来はキミになりたいよ」って言葉は、最高の誉め言葉に聞こえたよ。

「夜中にパンクした時、一緒に居たい女の子」っていうのもいいよね♪

 

無いものばっかり羨んでてもしょうがない。

自分の嫌な部分ばかり見て、良い部分が埋もれちゃわないように。

こういう映画を観ると、みてる私まで笑顔&元気&幸せな気分でいっぱいになりますね。

やっぱりハッピーエンドのお話は大好き!

 

最後に。

レネーが自信をもって行動したことが仕事にも恋にも成功につながったけど、エイヴリーがいなくちゃチャンスはつかめなかった。

エイヴリーが外見で判断することなくレネーを見てくれたからこそだよね。

エイヴリーも純粋ですごく可愛らしいキャラクターでした。

彼女の声は吹替の方が合ってたな。

【映画見まくり!まずは無料でお試し体験】

【アニメもドラマも映画もぜ~んぶ!】
日テレドラマ