ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「凪待ち」感想&ネタバレ~依存症を知るということ

香取慎吾くん主演。

監督は「孤狼の血」の白石和彌監督。

笑顔の無い見慣れない顔の香取慎吾。

この映画を観る前日にファミマのフラッペつくりかたダンスのCM見たんだけどなぁ~。

雰囲気違いすぎます。(;’∀’)

あらすじ

毎日をふらふらとただ過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻に向かっていた。

郁男は、ギャンブルを止め石巻で仕事も始め、3人の再出発は平穏に普通の日常を取り戻しつつあるかのように思えた。

ある日、帰宅の遅い美波を探すために夜の街を車で回っていた亜弓と郁男は口論になり、そのはずみで郁男は亜弓を車から降ろし帰ってしまう。

その後、亜弓は何者かに襲われ、死体となって発見された。

恋人を殺され、職場からは横領を疑われ絶望的な状況の中で郁男は次第にまたギャンブルへのめり込んでいくのだった。

【キノフィルムズチャンネルより】

スタッフ・キャスト

2019年制作 日本
配給:キノフィルムズ

監督 白石和彌
脚本 加藤正人
木野本郁男 香取慎吾
尾野美波 恒松祐里
尾野亜弓 西田尚美
尾野勝美 吉澤健
村上竜次 音尾琢真
小野寺修司 リリー・フランキー
凪待ち 通常版 DVD [ 香取慎吾 ]
created by Rinker

感想

いい意味で❝慎吾ちゃん❞も年を取りました。

でも雰囲気がとても良かった。

体型も、太っているわけではないけど引き締まっているわけでもなく、ちょっとだらしない感じが役柄とぴったり合って。

いつもの元気いっぱい笑顔いっぱいのアイドルとは全然違ってて新鮮でした。

ひげを生やしたり、どうしようもない男を演じたり、大人な一面を見せていくのってすごく良いです。

 

いつも冷めたような表情をして夢もなく希望もなく、ただ毎日を過ごしている郁男。

それでも亜弓と出会い、亜弓の娘・美波にも懐かれて、これから3人で幸せに暮らしていくところだったのに…うまくいかない。

人はきっとやりなおせる。いくつになってもやりなおすことが出来る。

そう思いたいし、そういうストーリーの方がすっきり安心して観ることが出来るはずだけど、それってやはり現実的ではないのかな。

 

生まれ変わることが出来たのは、亜弓の元旦那。

DV夫だったけど、今は再婚し子供の誕生に涙してる。

奥さんに優しく、いいお父さんになって欲しい(私の願望)。

負のループから抜け出せなかったのは郁男の元同僚。

気が弱そうな彼、郁男がそばに居たらあんなことは起こさなかったかな。

 

郁男がダメになりそうなとき何度も手を差し伸べてくれたのに全て裏切ってしまったあの行動。

全く理解が出来ないあの行動こそが「依存症」というものだと聞いて、依存症って病気なんだな…と改めて理解しました。

これは、一人じゃ治せない。

悪いとわかってる、ダメってわかってるのにやってしまうのなら、常にだれかがそばに居ないと。

自分の為に大事なものを手放してまで助けてくれてるのに、その好意を無にしてしてしまう。

そして、無にしてしまったことをその本人が一番よくわかっていて苦しみ辛く思ってる。

これってどうにもならないの?

郁男はここから抜け出せないの?

この映画を観た時、白石監督の舞台挨拶もあったのですが、その時の質問コーナーでこのことを聞いてみました。

依存症克服のためのプログラムというものがあって、ギャンブル依存症の場合はまずはお金を渡さない。持たさない。

ある程度、状態が落ち着いたら繰り返さないために今度は自分が他の依存症の方の克服のサポートをする、教える立場になる。

などがあるそうです。

そりゃそうですよね。ちゃんとそういうのあるに決まってますよね。

ネットで調べればわかるようなことを、わざわざ監督に聞かなくても。

映画を観終わったばかりで、苦しんでるのに抜け出せない郁男のことで頭がいっぱいで全く気持ちが切り換えられてなかった私…。

大変だったシーンは?とか

印象に残ってるシーンは?とか、

そんなん聞けばよかったよ。(;´・ω・)

あ。でも。「お金を渡さない」って!

小野寺さんや亜弓のお父さんがやったことって…ダメじゃん!

 

この映画のポスターにあった言葉。

「誰が殺したのか?なぜ殺したのか?」

「誰が殺したのか?」はわかったけど、「なぜ殺したのか?」はハッキリとは明かされていません。

これも舞台挨拶の時の監督の言葉ですが、わざとあいまいにしているそうです。

映画の中のちょっとしたセリフや場面などから、観てる側が想像できるように。

動機もそうだし、ラストも。それぞれのキャストの過去も「こうだったのかな?」と色々と想像できるセリフが出てきます。

 

それにしても、人ってホントにややこしい。

子を思う親、愛する人、好きだった人…「愛」とか「想い」とか「言葉」とか「行動」とか。

気持ちに正直な言葉と行動もあれば、気持ちとは全く異なる言葉と行動もあって、

それらがごちゃ混ぜになってきちんと伝わらなかったり。

「人」って複雑で、こんな風にすれ違ってしまうことはよくあること。

わかってはいるけどちょっと悲しい気持ちになりますね。

 

これからの郁男が、美波や(亜弓の)お父さんの気持ちを受けとめて暮らしていけますように。

「幸せ」や「安らぎ」を感じることが出来ますように。

 

この映画で一番カッコよかったのは、男気満載の亜弓のお父さんでしたねw

あのお金と、やくざの親分と昔何やらあったっぽいところと…。

寡黙だけど情に厚い。吉澤健さん。いや~カッコイイ!!

 

今回、監督の舞台挨拶つきの映画上映でしたが、上映後劇場の出入り口にて監督から手渡しで凪待ちカレンダーをいただきました。(お客さん全員にです)

それがこちら。

ステッカーかな?と思ったらカレンダーって。

しかもデカイw うーん…(;’∀’)

でも、白石監督、すごく気さくな雰囲気で素敵な方でした。

監督の次回作も楽しみにしています♪

【映画見まくり!まずは無料でお試し体験】

【最新作から名画まで見放題!】

ネットで動画を見るならU-NEXT!映画もアニメもドラマも充実のラインナップ。まずは31日間の無料お試しを。