ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「天国でまた会おう」感想・ネタバレ~子供の想いをちゃんと受け止めてきたか、自分を振り返る。

予備知識ないまま観た映画でしたが、ストーリー・映像ともにとても良かったです。

戦争で運命を狂わされてしまった主人公。でも重苦しくなく、痛快で、オシャレ。

なんだかスカッとする映画でした。

あらすじ

1918年。

休戦を目前にした西部戦線で二人の兵士が出会う。

上官ブラデルの悪事に気づき戦場に生き埋めにされたアルベールを、年下の青年エドゥアールが救ったのだが、その時に爆撃を受け顔に重傷を負ってしまう。

なんとか生き延びパリに戻ることになったが、どういう事情か自宅に帰ることを拒むエドゥアール。

アルベールはエドゥアールの戦死を偽装し二人は戦地をあとにした。

パリに戻った二人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。

仕事も恋人も失ったアルベール。

過去と縁を切ったエドゥアール。

そこに、声を失ったエドゥアールの想いを「通訳」する少女ルイーズも加わり、毎日を過ごしていく中でエドゥワールはあることを思いつく。

一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てたのだった。

だがそこには隠された本当の目的があった。

【キノフィルムズチャンネルより】

スタッフ・キャスト

2017年製作 フランス
原題:Au revoir la-haut
配給:キノフィルムズ

監督 アルベール・デュポンテル
原作 ピエール・ルメートル
脚本 アルベール・デュポンテル / ピエール・ルメートル
エドゥアール ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート
アルベール アルベール・デュポンテル
ブラデル ローラン・ラフィット
マルセル ニエル・アレストリュプ
ルイーズ エロイーズ・バルステール

【アニメもドラマも映画もぜ~んぶ!】
日テレドラマ

感想

主人公のアルベールとエドゥアール。

年齢も性格も全然違う二人。

真面目で人のいい中年男性のアルベール。

若く芸術的才能があり、実はお金持ちの家のおぼっちゃまのエドゥアール。

この二人の年の差ペアが実にいいのです。

エドゥアールの自由奔放で思ったことをズケズケ言い、少し意地悪くからかったりするところが【若者】っぽい。

アルベールをからかい、アルベールのモノマネをしながらルイーズと大笑いするシーンは意地悪だけどエドゥアールらしくていい。

自由なエドゥアールに振り回され困ったり、おどおどしたり、そして素敵な女性を前にときめいたり…真面目で人のよさそうな【おじさん】のアルベール。

生まれも育ちも性格も全く違う二人が深い友情で結ばれていき、更に言葉を発することが出来なくなったエドゥアールの言葉と気持ちを理解する少女ルイーズも加わり共に生活をしていく。

このルイーズもおそらく戦争の犠牲者。戦災孤児なのだろう。

彼女自身も言葉を発することがあまりないけれど、セリフでたくさん語らなくても目や表情で伝えることが出来る可愛らしい役者さんだ。

映画では戦争の理不尽さや辛さ悲しさ、怒りなども感じられるけれど、それ以上にワクワクするようなストーリ展開とスカッとする部分もあり全然重苦しくない。

ずる賢く周りの人間をあざむく元上官ブラデルは、うまく立ち回ってきたように思えたけれど自分がやってきたことがすべて自分に返ってくるという結末。

「良い人」と「悪い人」がハッキリと分かれているという点もすっきりとわかりやすかった。

 

この映画で一番の見どころは顔の下半分と声を失ったエドゥアールがかぶるたくさんの仮面。

美しかったり、奇抜だったり、派手だったり、無表情だったり、恐ろしかったり、ずる賢かったり。

様々な仮面はエドゥアールの気持ちを表現しているかのよう。

仮面も、パントマイムやダンス(メイキングを見るとこのダンスに苦労された様子)も、衣装も全てが素敵で、映画に登場する仮面が全種類パンフレットに載っていればよかったのに!!と思う。

そして、仮面の奥に見えるエドゥワールの澄んだ瞳が美しい。

戦争の愚かさ、理不尽さ。

毎日命の危険にさらされながら必死の思いで「国の為に」戦ってきた。

それなのに帰ってみれば、戦死者は英雄のように称えられ、帰還兵は冷たくあしらわれる。

日本の戦争映画にもそういうのあったな。

エドゥアールは何も話さないけれど、世の中を、人々を、じっと見ているその瞳からエドゥアールの想いが伝わってくるようだった。

戦場で生き埋めになり死にかけたアルベールは、同じく生き埋めになった馬に助けられたのでエドゥアールはアルベールに馬の被り物を作る。

こういうところもエドゥアールの性格が出ててクスっと笑える。

 

一つの大きなストーリーがあって、更にその中にいくつもの小さなストーリーがある。

アルベール、ブラデル、エドゥアールの姉、父。

メインはエドゥアールと父親、二人の関係の話だと思った。

子供って親に認めてもらいたい。

「すごいね」って言ってもらいたい。

「えらいね」って言ってもらいたい。

きっとそれだけ。

子供は親のそんな一言がすごく嬉しいものなのだろう。

父の最後の一言は、一緒に暮らしていた頃には一度も聞くことが無かった言葉でエドゥアールは嬉しかっただろうな。

きっと満足して、幸せな気持ちで、そして明るく「天国でまた会おう!」と言えたのではないか。

エドゥアールのラスト、アルベールのラスト、どちらも素晴らしく最高のラストだった。

【総評】
お金ないくせに金のかかってそうな仮面いっぱい作って!どうなってんの?
なんて事は言わないで。
それは、もうどうでもいい(笑)
エドゥアールの作る仮面の数々と彼の行動に、凡人の私は「うわぁ~♪」と、口を開けたバカッ面で眺めるのみです。

ゆず
ゆず
お金いっぱいついてる仮面が一番イイネ!!