ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
映画

「たちあがる女」感想&ネタバレ~自分の信念に忠実な主人公には迷いがない

自分の信念を貫く。

ただただ貫く。

それが正しいことだと信じているから。

これくらい強引にやらないと自然は守れないのかもしれないなぁ。

あらすじ

アイスランドの田舎町に住むハットラは、セミプロ合唱団の講師。

しかし、彼女には隠されたもう一つの顔があった。

それは謎の環境活動家「山女」

環境破壊の原因となるアルミニウム工場に対して、一人で闘いを繰り広げていた。

電源のケーブルを切る、鉄塔を壊す、それは次第に他国も巻き込む大きなニュースとなっていく。

そんな中、思いがけず嬉しい知らせが。

ハットラの長年の夢だった養子を迎え入れる申請がついに受け入れられたのだった。

母親になるという夢の実現のため、ハットラは工場との決着をつけるべく立ち上がる。

【たちあがる女公式サイトより】

スタッフ・キャスト

2018年制作
アイスランド・フランス・ウクライナ合作
原題:Woman at war
配給:トランスフォーマー

監督 ベネディクト・エルリングソン
脚本 ベネディクト・エルリングソン / オラフル・エギルソン
ハットラ / アウサ ハルドラ・ゲイルハルズデッティル
ズヴェインビヨルン ヨハン・シグルズアルソン
バルドヴィン ヨルンドゥル・ラグナルソン
ニーカ マルガリータ・ヒルスカ
首相 ビヨルン・トールズ
大統領 ヨン・グナール

感想

ハットラがスゴ過ぎ。

こんなにおばちゃんが活躍する映画を観たことがありません。

偵察ドローンに見つからないように死んだ羊をかぶり、川に潜り、泥にまみれ、弓を放ち、草原を走り抜ける。

…普通のおばちゃんじゃないよね。(;’∀’)

更衣室で着替えるときに、パンツのゴムをパーーーン!ってやるとこなんてもぅ男らしさしか感じないw

自然を守るために「正しいことをしている」と思っているから行動に「迷い」がない。

(これをすることで)困る人がいるかも?嫌な思いをする人がいるかも?…とかいう考えは全くないような気がします。

ハットラってめちゃめちゃリア充だなぁ。

 

この映画の舞台アイスランド、きれいで可愛らしい町並みと自然がいっぱいな場所でした。

確かにあの広々とした草原に鉄塔はいらない!

 

そして、この映画の感想で絶対に書かねばならないのはブラスバンドとコーラス隊。

映画のあらゆるシーンを盛り上げる音楽やコーラスがそのままスクリーンに、主人公ハットラと一緒に出てきてるんです。

一応、裏方さんなのでハットラと言葉を交わしたりはしないけど、そばにいてハットラを心配そうに見守ってくれています。

裏方さんというか、ハットラの一部です。

ハットラの気持ちを表現しているので、彼らはハットラの「感情」、ハットラの「分身」。

斬新で良かった。

私にも欲しいバンドとコーラス隊!

仕事ガンバッテル私。

スーパーで夕飯の買い物をする私。

帰宅してバタバタと家事をする私。

猫とまったりする私。

バンドの演奏とコーラスで盛り上げて欲しい。

 

ユーモラスな場面もあるけれど、実は「環境問題」という地球規模の大きな問題を私たちに突きつける映画でもありました。

この映画の舞台アイスランドも自然豊かでとても美しい場所。

ハットラが寝そべって草や土を肌で感じ、匂いをかいで愛おしそうにする場面が何度もありました。

この自然を守らなくては!という強い思いで「山女」として活動していたわけです。

それは絶対に正義で正しい事。という思いだったんですよね。ハットラとしては。

でも、妨害されるアルミニウム工場の人たちだけでなく、普通の主婦の人たちからも「山女のせいで」と疎ましく思われていることを知ります。

大人になったこの世の中には、子供のころに見たマンガのように「良い人」と「悪い人」がハッキリと分かれていないことも多々あるのです。

とっても厄介な「大人の事情」というものがあったり。

自然を守ろう!というのは、きっと誰だってわかってるはずなんですけどね。

これは映画の中のお話、アイスランドのお話、ではなく、地球上のどこの誰でもすべての人に関わる問題です。

しかも、あまりのんびりと構えていられないような。

結局、過激すぎたハットラは逃げきれない状況に追い詰められ、従兄弟もどきの男性&ワンちゃん、双子の姉に助けられます。

 

でも!

でもでも!!

姉妹とはいえ、そこまで甘えてよいの~~?

スクリーンを見ながら

「えーー??いいの?ホントにそれでいいの?」

と、心の中でお姉ちゃんに問いましたよ。

ハットラが戻るまでお姉ちゃんが面倒みる。…でいいのでは? ダメ?

数か月…の話なのかな?

それなら、まあ頑張れるけど…。どうなんでしょうか。

 

それから、何度もとばっちりを食った旅のお兄さん。

災難だったけど笑えました。

そして、ハットラの部屋にガンジーとネルソン・マンデラの大きなポスターが貼ってあるのにも注目です。

その横にはマンデラお面まで。

しかもこのお面、大活躍しますw

 

この先、養女を迎えてハットラはどう変わるのでしょうか。

まさか今までと同じ行動はないですよね。

過激さは少し抑えて、何か違う方法で環境問題に関わっていくのではないかと思います。

ぜひ、そうして欲しいです。

 

でも、実際に行動を起こすことが出来る人ってホントすごいなぁ。

〇〇したいな~。

△△だったらな~。

××は嫌だな~。

って思ってるだけじゃダメなんですよね。

まさに映画のフライヤーにあったとおり

幸せは歩いてこない

フライヤーというよりチーターの言うとおり!

自分から行動しなくちゃ!!なのです。

【映画見まくり!まずは無料でお試し体験】

【アニメもドラマも映画もぜ~んぶ!】
日テレドラマ