ミニシアターへようこそ
~映画と猫と楽しいコトいろいろ~
お金

スマホの写真でお小遣い稼ぎが出来るって知ってました?【写真AC】

ブログを書いてる方ならアイキャッチなどで無料素材を使うこと多いですよね。

アイキャッチとは、このブログでも記事の一番最初にどーんと出てくる写真やイラストなどの画像のことです。

素材サイトはいくつか登録しましたが、個人的には写真ACが一番使いやすくて好きです。

いつもはダウンロードでお世話になっている写真AC。

クリエイター登録をして写真を投稿してみませんか?

ダウンロードされるごとにポイントが貯まり、換金することが出来るんです!

素人でも全然オッケー!

いつものようにスマホで写真を撮るだけで簡単お小遣い稼ぎ。

やってみると結構楽しくてハマっています。

写真ACとは

写真ACとは、ACワークス株式会社が運営する高品質の写真素材を無料で手に入れることができるサービスです。

個人、商用を問わずに使用可能。

ダウンロードした写真は自由に編集して使うことも出来ます。

とにかく写真の数が多くて、自分のブログ記事に合わせた写真・使いたい写真はたいてい見つかるはずです。

花、空、町並み、食べ物、人物、動物、イベント…。

たくさんの写真の中から、ブログ仕上げのアイキャッチ画像を選ぶのって楽しいですよね♪

「無料で利用できる」と最初に書きましたが、有料会員の登録も有ります。

こちらは検索回数やダウンロード時間、履歴などで無料会員と比べて優遇&便利になっています。

ま、最初は無料会員で十分だと思いますけどね。

写真素材素材【写真AC】

まずは写真ACクリエイター登録してみる

「クリエイターとして登録」と聞くと、何やら大げさな感じもしますがお気楽に登録してみましょう。

私自身、スマホで写真を撮るのは好きで

YOU
YOU
スマホの中にたくさん写真があるのでそれを投稿してみようかな~
ゆず
ゆず
それでお小遣いになるんだったらいーじゃーん♪

という軽~い気持ちで登録。

投稿した写真が一回ダウンロードされるごとに3円、人物写真なら10円がポイントとして貯まり5000ポイントで換金することが出来ます。
※AIの学習に同意した場合。同意しない場合はそれぞれ2.75円、5円となります

ここでお気づきでしょうか。

1回ダウンロードで3円。5000円から換金…どれだけダウンロードされると換金できるのかを。(;’∀’)

お小遣い稼ぎになれば~♪うひゃひゃひゃ♪(ΦωΦ)

‥なんて簡単なものではなかった…。

道のりは遠そうだぞ?!

 

しかし、私は知っています。

「塵も積もれば山となる」

という言葉を!!

チリツモですよ。チリツモ。

一度投稿すれば、その後放っておいてもダウンロードしてもらえればポイントは貯まっていくわけだし♪

ゆず
ゆず
憧れのフロウショトク!!
すだち
すだち
だからそんなに簡単には(汗

クリエイター新規登録の流れ

登録はいたって簡単。流れをざっとご説明~。

1.登録フォームに入力
2.仮登録メールを受信
3.登録完了
4.ログイン
5.本人確認書類の提出
6.投稿開始

本人確認書類の提出が少し面倒ですがトラブル防止・信頼度UPの為必須です。

ダウンロードして使う側からすれば、身元がハッキリしているというのは安心できますものね。

運転免許証、パスポート、住民票、住民基本台帳カード、外国人登録証明書、健康保険、被保険者証のいずれか1点をデータ化しアップロードするだけです。

画像が小さすぎて確認できなかったり、記載漏れや間違いがあると承認されず登録までに更に日数がかかってしまうので提出前に間違いはないか確認しましょう。

登録は下のバナーから出来ますよ♪
(※写真ACのホームページに移動します。)

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
写真素材無料【写真AC】

初心者はここを押さえろ!コツとかポイントとか。

一番最初は、スマホの中にある画像から使えそうなものを片っ端から投稿しました。

審査後、非公開となった写真の「ボツ理由」は以下のとおり。

ピンボケ、手ブレ、露出、ホワイトバランスが適正ではありません。
被写体の状態、構図のバランスが適切ではありません。
●被写体に不要な影や映り込みがあります。
●類似した作品が既に公開されています。
●肖像権を侵害している可能性があります。
●個人情報が写り込んでいます。

ま、ピンボケ、手ブレ、構図バランスなどは論外ですね。(;´・ω・)

「類似した写真」というのは「自分が投稿した写真の中で」です。他のクリエイターさんと似ているという意味ではないです。

「肖像権」「個人情報」は、町並みやお出かけした際に写した写真に顔がわかるもの、住所や電話番号が書かれた看板や表札、車のナンバープレートが写り込んだものなどが非公開となりました。

スマホ画面で見ると小さくて全然気づいてなかったので要注意です。

無事「公開」となった写真もダウンロードされるもの、されないものがあり私なりにお小遣い稼ぎになる写真を撮るポイントを考えてみました。

1.人気素材では勝負しない
2.少し先のイベント
3.毎年恒例のイベントや行事
4.自分の得意分野
5.身近な物
6.使う立場になって考える

1.人気素材では勝負しない

空、雲、花…気軽に撮れるし、実際撮ってる人多いのですがクリエイター登録してる人の中には専門でされてる方もいっぱいいるのです。

私みたいなド素人はプロの写真には全然かなわないし、投稿数がむちゃくちゃ多い中から選ばれるのも至難の業。

人気素材で戦うのは初心者には少しキビシイかも。

でも、奇跡的にすごくイイ写真が撮れることもあるので、そういうのは迷わず投稿しましょう!

2.少し先のイベント
3.毎年恒例のイベントや行事

成人式、お花見、入学式、入社(新入社員)、花火大会、フェス、受験、引っ越し、クリスマス、お正月などなど毎年恒例のイベントや行事に関する写真。

少し先取りして仕込んでおくのが良いです。

ブロガー‥特にトレンドをされてる方は、世の中のみんなが気にして検索し始めた時にはもう記事をUPしているので写真も早めに投稿しておくとダウンロードされやすいです。

あと、結婚、妊娠、出産、子育てなどもいいですね。

私は全て終わってしまったので写真を撮る機会もないのですが、そういう時期(状況)の方はチャンスなのでぜひぜひお写真を撮っておくとよろしいかと思います。

4.自分の得意分野

趣味、特技、何でもいいです。

自分の好きな物だとこだわりがあったり、他の人とは目線が違っていたりするのでオススメです。

例えば洋裁が好きな人、編み物が好きな人。

家の中にあるたくさんの生地やミシン(メーカー名は入らないように)、カラフルな毛糸、編み棒…。

お菓子作りが好きならお菓子作りの道具や、釣りが好きなら釣り道具に釣りをしてる時の様子、ボート、釣った魚とか色々。

空や雲は誰でも撮れるけど、好きなものや得意なものになると少し人数がしぼられてきます。

5.身近な物

自分の身近にあるものもどんどん撮ってみましょう。

家の中にあるもの、家の周りにあるもの。

冷蔵庫、洗濯機、お風呂、ノートと筆記用具、画用紙とクレヨン、色鉛筆、散らかった部屋、ベランダのミニ菜園…

今、思いつくまま書いてみましたが自分の身近にあるものでもたくさんあります。

先に挙げた「プロ」の方たちが撮るような写真ではなくて、こういう生活に密着したものやリアルなものを撮っていくのもおすすめです。

6.使う立場になって考える

一番イメージしやすいのはブログでしょうか。

私自身も「飼い猫に嫌われた」という内容のブログ記事には「怒った猫」の画像を検索しました。

「おむすび」の記事には「おむすびの入った子供向けのお弁当」の画像、

「お金(生活費)」の記事には「家計簿とお財布(小銭)」の画像を入れました。

こんな感じです。

こういう記事に使ってもらえそうだな、というのを想像して撮るのはただやみくもに色んなものを撮るよりも効果的です。

あと、アイキャッチに文字入れをする人もいるので、背景になるような写真も人気です。

これも、きれいな壁や芝生や石畳、レンガ、木目、新品のカーペットなど撮りました。

自分で作ることが出来れば良いのですが、そういう技術もソフトも持ってないので。(;´・ω・)

でも、意外とダウンロードされますよ。

初心者にオススメする写真は

いろいろあげてみましたが、一番のおすすめは5番目の「身近な物」です。

いい写真とかきれいな写真を撮ろうとすると難しかったり、何を撮っていいのかわかんない!

となってしまうので、自分の身の回りにあるものを色々撮ってみるのをおすすめします。

まずは、家の中から。

トイレ、バスルーム、ベッド、布団、押し入れ、ランドセル、階段、洗濯機、子供たちが脱ぎ散らかした靴、玄関…。

「なんでこんな写真を撮るの?」

って感じですが、何でもいいんです。キャラクターやメーカー名、ロゴなどが写り込まないように気を付けて。

私の知人は、毎日お昼ごはんのコンビニ弁当やカップラーメンを投稿してました。

ぽつりぽつりとダウンロードされるようですw

少しでもダウンロードされれば嬉しくてモチベーションも上がります。

続けよう!って気持ちになるし、続けていけばコツやポイントも何となくわかってきます。

すだち
すだち
続けるコトがすごく大事!

まとめ

なんだかんだと長く書いてしまいましたが(長く書きすぎて私も疲れましたw)、まずは気楽に始めちゃってー♪

ということで。

写真AC楽しいですよ。